IMG_2216_11.jpg


壁紙(クロス)は、インテリアのなかで最も大きな面積を占める内装材です。

壁紙の色や柄は部屋の印象や雰囲気を大きく変えるので、選定にはついついブナンな白色を選んでしまいがちです。でも、それだけで決めていいのでしょうか。

色や柄だけではなく、壁紙には質感(素材)や機能に富んだものなど、いろいろな種類があります。

さらに、壁紙を何回も張り替えている場合や築年数が長い家の場合、下地がダメになっている可能性があります。下地がダメになっていると、新しく壁紙を張り替えても凸凹してしまって、きれいに張り替えることができないことがあります。その場合、下地補修にシーラーをかけることが大切です。



画像の説明


タグチでは、インテリアコーディネーターがプロならではの視点でお客様の理想をかなえるお手伝いをします。
一緒に素敵なお部屋を作りましょう!




施工例はこちら





上へ戻る

a:1208 t:1 y:0